次なるステージに向けた
新しいブランドイメージづくり

Hanno-Shinkin Bank

Hanno-Shinkin
Bank

飯能信用金庫

創立60周年と預金量1兆円達成という
大きな節目

埼玉県西部を活動拠点とする飯能信用金庫。創立60周年、預金量1兆円達成、新理事長による新体制という3つの機運により「創立60周年記念プロジェクト委員会」が発足しました。

委員会が掲げたテーマは「創立60周年を機に生まれ変わる」こと。具体的には経営理念を深堀りした上で、新しいブランドイメージを構築することを目標に掲げました。

飯能信用金庫のロゴマーク開発

コミュニケーションネームは
“Linking Bank”

地域社会に貢献する飯能信用金庫は「つながり力」を重視しています。各種調査やキーパーソンインタビューを実施したフォアビスタは、そのキーワードを戦略的にひも解き、“Linking Bank”というコミュニケーションネームを提案。そして「顧客と飯能信用金庫」「顧客同士」「職員同士」という3つのつながりを意図したロゴマークを開発しました。

飯能信用金庫のロゴマーク開発

新しいブランドイメージづくりを
一貫してサポート

いかに“Linking Bank”としての新しいブランドイメージをステークホルダーから持ってもらうか。通帳や看板類、名刺・封筒なども総合的にデザインすることで、フォアビスタは飯能信用金庫の新しいブランドイメージづくりを一貫してサポートしました。

飯能信用金庫のロゴマークガイドライン制作
飯能信用金庫のCI/VI開発
飯能信用金庫のタッチポイントデザイン
飯能信用金庫のタッチポイントデザイン

“つながり力”と“収益力”の
向上に貢献

ブランディング後、貯金量は順調に増加。特に当期純利益は倍増しました。

フォアビスタは、飯能信用金庫の“つながり力”と“収益力”の向上に貢献しています。

ブランディングの成果