ブランドネーミング


サントリー 

“太陽(サン)に鳥井(トリイ)”

 

「サントリー」という名称が初めて使われたのは、1929年(昭和4年)のこと。本格的な国産ウイスキー第一号に創業者・鳥井信治郎が「サントリーウイスキー白札」と名づけました。
 
由来となったのは、1907年(明治40年)に発売された赤玉ポートワイン。現在のサントリーの前身である「寿屋」の礎を築いた商品です。その赤玉ポートワインのトレードマークである「赤玉」すなわち太陽(サン)に、創業者の鳥井が自分の名前・鳥井(トリイ)をつなげて「サントリー」となり、1963年(昭和38年)からは社名として使われるようになりました。
 
 
参照:サントリーHP

 
 

in ブランドネーミング on 2017年6月8日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です