ブランドネーミング


ペプシ 

“消化酵素の「ペプシン」”

 

ペプシコーラのネーミングは、消化酵素の「ペプシン」が由来です。
なぜかと言うと、1898年に誕生した当時、消化不良の治療薬として販売されていたから。

主にコーラナッツやバニラビーンズ等を原料に作られたこの飲料は、当初は、調合した米国ノースカロライナの薬剤師キャレブ・ブラッドハムの名前から“Brad’s Drink(ブラッドの飲み物)”と呼ばれていましたが、その後ペプシンとコーラナッツにちなんで、新たに「ペプシコーラ」と名付けられました。

参照:サントリーHP、ペプシHP

  

in ブランドネーミング on 2017年4月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です