ブランドメッセージ


Q10.「小林製薬」のブランドメッセージとは?

 

① “あったらいいな”をカタチにする
② “あってもいいな”をカタチにする
③ “あったんかいな”をカタチにする
 

 
 
 
 
正解は①。


 
 

このブランドメッセージには2つの意味が込められています。
 
1つは「今までにない新しい需要や市場を創造する製品やサービスを開発して、社会に提供していく」という事業への想い。もう1つは「それ(↑)によって小林製薬グループの企業価値向上を目指す」という事業方針です。
 
そんな小林製薬の商品開発は、「この技術を活かして何か新製品をつくろう」という“プロダクトアウト型”ではなく、「こんなモノがあったらいいな。生活がもっと楽しくなる、便利になるな」という“マーケットイン型”に重点を置く姿勢のようです。
 
その姿勢は製品のネーミングからもわかります。
 
 ・アイボン「目の洗浄液」
 ・あせワキパット「ワキの下用パット」
 ・アッチQQ「やけど時の救急冷却スプレー」
 ・ケシミン液「シミ対策用化粧水」
 
見事なまでに顧客視点のネーミング! 
一見「ダジャレ」とか「そのまんま」とか揶揄されそうですが、それらのネーミングは「””あったらいいな””をカタチにする」という小林製薬のブランド・アイデンティティの実証でもあるのです。

 
 

in ブランドメッセージ on 2018年7月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です