〝受け継がれてきた本質〟による
 新・企業理念の策定

JIMOS

ジモス

 理念や想いの言葉があふれ、
整合性を持たせづらい

株式会社JIMOS(ジモス)は福岡と東京に本社を置く会社。自社ブランドの化粧品事業など、主に通信販売の仕組みを通して、人々の暮らしをより豊かにする提案を続けています。

そんなJIMOSは企業理念に関する課題を抱えていました。企業理念を掲げている一方で、個々の場面や事業でも沢山の考え方を示しており、企業全体としての言葉に整合性を持たせづらくなっていたのです。

ジモスのブランド調査、ブランド分析1

社外専門家の協力のもと
企業理念を見直すことに

そこで社外専門家の協力のもと企業理念を見直すことになり、プロジェクトが発足しました。

プロジェクトの目的は3つ。1番目は「社員が共通の基準を持って事業を推進できるようになること」。2番目は「社員が誇りと幸せを感じられるようになること」。3番目は「社外向けに企業としてのブランド価値を明確にしてロイヤリティを高めること」です。

その目的達成に向けて、複数ある言葉やメッセージを体系的に整えるべく、フォアビスタが企業ブランディングを担当することになりました。

ジモスのブランド調査、ブランド分析2

 新・理念の核心は、
“受け継がれてきた本質”

作業に着手したフォアビスタは、企業理念だけでなく事業展開、経営資産の視点でもJIMOSブランドを分析。先ずは時代の変化や経営者の交代によって理念や考え方の言葉が変遷しながら増えてきた経緯を可視化します。

今回のようなケースでは、単に新しい理念を創造しても言葉が増えるばかりで元の木阿弥です。そこで、理念や変え方の変遷の中に浮かび上がる“受け継がれてきた本質”の中に、今後に向けた理念の核心を求めました。

そのような地道な作業を経て、JIMOSならではの新・理念の雛形が形づくられました。

ジモスのブランドプロミス策定

鍵となるのは、紙上の言葉に
想いを込めるプロセス

もちろんそれで理念策定の作業は終わりではありません。社員が理解し納得して実践していけるように、紙上の言葉に想いを込めるプロセスが残っています。経営メンバー陣との10回に及ぶディスカッションによって、その重要なプロセスは行われました。

ジモスのブランドメッセージ開発

更なる高まりを見せる
社員のロイヤリティと誇り

JIMOSの新・理念はブランドブックと社内ポスターにまとめられ、業務における社員の指針となっています。

会社設立20周年を迎えた同社。JIMOSに対する社員のロイヤリティと誇りは、更なる高まりを見せています。

ジモスのブランドブック制作1
ジモスのブランドブック制作2
ジモスの社内浸透ツール制作

〝受け継がれてきた本質〟による
 新・企業理念の策定

Detail

業種別
サービス業
 化粧品通販
ブランディング別
クライアント本社所在地
福岡県、東京都

サービス別
ブランドマネジメント
 企業理念・ビジョン策定
 ブランドマネジメント戦略
 ブランド体系構築
 ブランドプロミス策定

ブランドマーケティング
 ブランド調査、ブランド分析
 ブランドコミュニケーション戦略

Verbalブランディング
 ブランドメッセージ開発

インナーブランディング
 ブランドブック制作
 社内浸透ツール制作
クライアント本社所在地
福岡県、東京都