合併した
ファッションビルの
ブランド課題の解決

S-PAL

エスパル

2つの課題を
ブランディングによって解決したい

東北エリアで複数の駅ビルを展開するエスパルは二つの課題を抱えていました。一つは吸収合併した弊害として従業員の就業意識がバラバラであること。もう一つは1年後に進出してくる東京の有名ファッションビルに競争優位が見い出せないことでした。

二つの課題をブランディングによって解決しようと考えたエスパルは、担当役員を筆頭に主要部門長6名からなるプロジェクトチームを発足させます。そしてプロジェクト進行やブランド戦略の立案を外部の専門会社に依頼することにしました。

エスパルのブランド調査、ブランド分析

ブランド戦略を
「エスパルの約束」として明文化

依頼を受けたフォアビスタは広範囲なブランド調査と多角的なブランドインサイトに着手します。そしてプロジェクトチームとの綿密な協議を重ねながら、ブランドのあるべき姿を「エスパルの約束」として明文化。さらに社内浸透ツール(=ブランドブックや研修ビデオなど)を制作しました。

それらの社内浸透ツールは増版を重ね、今も約5,000名の従業員が一丸となり競争優位を発揮する拠り所となっています。

エスパルの社内浸透プログラム策定

36年間変更しなかった
ロゴマークを一新

そのプロジェクトから7年後。仙台に新しい館がオープンするのを機に、エスパルはそれまで36年間変更してこなかったロゴマークを一新することにします。

依頼を受けたフォアビスタは「エスパルの約束」をもとに将来的なブランドポジションを設定。100点以上にも及ぶデザインスタディを展開し、エスパルの“感度”と“好感度”を高めるロゴマークを開発しました。

エスパルのロゴマーク開発
エスパルのロゴマーク開発
エスパルのロゴマーク開発
エスパルのロゴマーク開発
エスパルのロゴマーク開発