エンドユーザー志向への
転換を図る
トータルブランディング

Infosense

インフォセンス

守りから攻めへ。
いかに存在価値を高めるか?

インフォセンスは福岡と東京に本社を持つITソリューション企業。物流分野での強みを活かしながら、安定した収益を生み出しています。

守りから攻めへ。自社の存在価値を高めることを目的に、中期経営計画で更なる成長を目標に掲げた同社。鍵となる“エンドユーザー志向への転換”の実現に向けて、それまでなかった自社製品ブランドを開発しつつ、企業ブランドの魅力を社内・社外にアピールしたいと考えました。

インフォセンスのブランドマネジメント戦略

第一段階。
製品ブランドづくりのサポート

指名を受けたフォアビスタは、第一段階として同社初となる自社製品ブランドづくりをサポート。エンドユーザー志向を体現する新製品のブランドマーケティング戦略を立案した上で、その戦略に基づくネーミング開発、ロゴマーク開発、そして製品カタログの制作を行いました。

インフォセンスのネーミング開発
インフォセンスの事業開発・商品開発
インフォセンスの各種パンフレット制作

第二段階。
企業ブランドづくりのサポート

第二段階でサポートしたのは企業ブランドづくり。エンドユーザーと社員の両者から「なくてはならない」と思ってもらう企業となるために、まずは同社ならではのブランドプロミスを策定。そのブランドプロミスを起点に、新しいブランドメッセージとロゴマークを開発し、コーポレートツールや会社案内等のコミュニケーションツールを制作しました。

インフォセンスの各種パンフレット制作
インフォセンスの各種パンフレット制作
インフォセンスのCI/VI開発
インフォセンスの会社案内制作

第三段階。
社内ブランディングのサポート

第三段階でサポートしたのは社内ブランディング。社員から「なくてはならない」と思われる会社となるための仕組みづくりです。具体的にはブランドブックやクレドカード等の理念浸透ツールを開発しました。

インフォセンスのブランドブック制作
インフォセンスの社内浸透ツール制作

2つのブランディングで
守りから攻めへと転じる

2つのブランディング(製品ブランディングと企業ブランディング)によって守りから攻めへ転じたインフォセンス。更なる成長に向けて、営業活動とブランディング活動を活性化させています。

ブランディングの成果