上場を目指すIT企業の
戦略的ブランディング

Rakus

ラクス

プロジェクトの背景にあったのは
将来の上場計画

40,000社の顧客にむけてASPサービスを提供している株式会社ラクス(旧社名;株式会社アイティーブースト)。複数のサービスを個別ブランドで展開していた同社は、サービスのクロスセル効果が低いことを課題視していました。また同社は将来的に上場を計画しており、効果的に企業認知を高めたいとも考えていました。そうした状況を背景に企業ブランディングがスタートしました。

ラクスのブランドマネジメント戦略

事業効率と企業認知を高める
戦略プランの提案

同社の事業効率と企業認知を高めるために、フォアビスタはアンブレラ構造の事業体系(一つの企業ブランドの下で複数のサービスブランドを展開するブランド体系)へ移行する戦略プログラムを提案。併せて更なる成長を見据えたブランドプロミスを構築し、同社のアイデンティティを言語化した「すぐ便利、ずっと満足。」というブランドメッセージを開発しました。

ラクスのブランドメッセージ開発

新・企業ブランドのもと
コーポレートツールを一新

企業ブランディングの最終段階では新しい企業ブランド「ラクス」をネーミングした上でロゴマークを開発。効果的にブランドコミュニケーションを行うために、名刺や封筒などのコーポレート・ツールも一新しました。

ラクスのロゴマーク開発
ラクスのロゴマークガイドライン制作
ラクスのCI/VI開発
ラクスのCI/VI開発
ラクスのCI/VI開発

堅調に業績を伸ばし、
ブランディングから6年後に上場

ブランドのクロスセル効果によって同社は堅調に業績を伸ばし、売上は5年間で約2.3倍に伸張。

ブランディングから6年後、同社は東証マザーズに上場を果たしました。

ブランディングの成果