大きな転換期を
好機と捉えた
企業ブランディング

LiViT

JR東日本
東北総合
サービス

目的は2つ。
社内の結束。社外からの認知

JR東日本グループの一員として東北エリアで多岐にわたる事業を展開するJR東日本東北総合サービス。社員数の急激な増加、サービスエリアの拡大、多様化する業容、マーケット環境の変化など、社内と社外の両面で大きな転換期を迎えていました。

そのような転換期を好機と捉え、同社はブランディングプロジェクトを発足させます。目的の一つは同社の存在意義を明確にして社内を束ねること。もう一つは魅力的な企業として社外から認知されること。どちらも一筋縄では行かない難テーマです。

JR東日本東北総合サービスのブランド調査、ブランド分析

目的の実現に向けて
プロジェクトチームをサポート

精鋭9名からなるプロジェクトチームをフォアビスタはサポート。計10回のミーティングやワークセッションを通して、各種リサーチの実施、ブランド戦略の立案、企業理念・ビジョンの策定、ブランドメッセージの開発を行い、同社の存在意義と方向軸を明確にしました。

当初は想定していなかったものの、同社には愛称の新設が不可欠であることをプロジェクトチームに提言。そうしてプロジェクトチームによって選出された「LiViT(リビット)」という愛称をもとに新ロゴマークを開発。名刺・封筒等のコーポレートツールを一新することで、魅力的な企業として社外から認知される足場づくりを行いました。

  • JR東日本東北総合サービスのロゴマーク開発
  • JR東日本東北総合サービスのCI/VI開発
  • JR東日本東北総合サービスのロゴマーク開発

社内・社外に向けた
ブランディングの成果

また、社内に向けたブランディング(インナーブランディング)の一環としてブランドブックやポスター、クレドカードも制作。

1年に及んだブランディングの成果により、約2,000名の社員の結束は強まり、社外からは魅力と活力を併せ持つ企業として認知されつつあります。

JR東日本東北総合サービスのブランドブック制作
JR東日本東北総合サービスの社内浸透ツール制作
JR東日本東北総合サービスの社内浸透ツール制作